治療

骨粗鬆症の怖さと治療方法について|正しい知識を身に付ける

骨のカスカス化を防ぐ

先生

骨は、人間が歩いたり、行動するうえで非常に大事になってくる、身体を形成する一部です。そして骨が程よい強度を持っていることで、強い衝撃から身を守る事ができます。そんな骨の成分のほとんどがカルシウムという成分で出来ています。カルシウムは牛乳や煮干しなどに多く含まれています。そんな骨のカルシウムが減り、カスカスになる病気が骨粗鬆症です。骨粗鬆症になると、骨の強度が落ちますので軽い衝撃でも骨折してしまいます。骨粗鬆症は症状としては特にありませんが、もし骨粗鬆症の人が骨折してしまった場合、骨が変な形で再生してしまったり、最悪の場合寝たきりになってしまう恐れもあります。骨粗鬆症には大きく2つの種類があります。一つは、老化や女性に多い閉経によって引き起こるものを原発骨粗鬆症と言います。そしてもう一つが続発性骨粗鬆症と言って、骨粗鬆症がその他の病気や要因よって引き起こるものです。他の要因とは薬の副作用で起きてしまったり、ホルモンの以上で引き起こる物もあったりします。一度骨粗鬆症になってしまうと、簡単な運動やスポーツでも骨折の恐れがあり楽しめなくなってしまいますので、こまめに病院へ診察してもらうことが大事になってきます。定期的に病院で検査をすることで、症状が悪化した場合にもすぐに治療してもらうことが出来ます。その他にも、カルシウムの多い食事を若い時からとっておくようにしましょう。強くて丈夫な骨を手に入れて、いつまでも健康的で楽しく人生を過ごしましょう。病院の診察、そしてカルシウムの摂取がご自身の骨を救います。

お家にいながら診察

先生

人によっては、病気や怪我をした際、病院に通うことが困難な方がいます。そんな方は在宅医療を受けるといいでしょう。在宅医療は、世田谷区病院でお願いすることも可能となっております。

Read More...

医者と患者の二人三脚

病院

人は病気や怪我をした時病院に行きます。病院の種類や専門は数多く存在してますので、ご自身の症状にあった病院選びが大事です。平野区にお住まいの方は、なるべく近くの病院を探すようにしましょう。

Read More...

骨の病気とは

病室

骨の病気で恐ろしい物の中に骨肉腫というものがあります。骨肉腫とは骨に悪性の腫瘍、つまりガンができる病気です。初期症状では判断しにくいので、マメな健康診断や違和感を覚えたらすぐに医師への相談が必要になってきます。

Read More...